2016年09月09日

想念転換法と自己暗示の基本

「想念とは、言葉である」と考えると、
想念の転換をスムーズに行えるようになります。


心に浮かぶものは、言葉であったり、イメージであったりしますが、
それは必ず、快適感や不快感をもたらします。


不快感をもたらすものは、多くは不安な言葉です。
自然に浮かぶのが「不安感」に分類されるなら、
それを見つけ次第、そくざに切りかえる必要があります。


意図的に自分で明るく安心感に満ちた想念を
浮かべて、塗り替えていくことが大切です。


どうすれば想念を塗り替えて転換できるのか。
想念の転換の極意は何か。


それは、「ぶつぶつと、つぶやきつづけること」です。
ぶつぶつと、つぶやくセリフが重要です。


「すべてはうまくいっている」
「私は日に日に幸せになっている」
「どんどん好転している」
「大丈夫、すべてはよい方向にむかっている」


といった言葉をセリフとして
つぶやきつづけるということです。


不安感が出ているときは、
否定的な内容のセリフが心に
浮かんできているはずですが、


それらのネガティブなセリフを
このようなポジティブなセリフで言い換えます。


この作業を朝から晩まで繰り返します。
もし、途中で、中断してしまっていることに
気がついたら、即座に再開します。


想念転換法を実践する上では、一日の中でも
再開したり、中断したりの繰り返しになります。


ふと、気が付くと、実行が中断されていたりします。
それでも継続していると、中断は次第に減ってきます。
これは、訓練次第で、誰でも上手にできるようになります。


この方法が自分でなかなか上手にできない人は、
拙著「前世療法 医師による心の癒し」
を何度も音読すれば、次第にできるようになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
posted by 久保征章 at 21:56| 自己催眠