2020年03月06日

前世療法から考える因果応報の法則(カルマの法則)

【質問】
自分が被害者の時は、因果応報でそうなったのですか?

【回答】
そのとおりです。
ふってわいたような災難はすべて、
過去の因が果となり戻ったものです。

それを回避したければ、日常における善行の積み重ねにより、
運勢を好転させるか、信仰の徳によるしかありません。

信仰をもち、生き方を変えて、世のため人のために
愛と真心を尽くす人間になったら、運勢は好転してきます。


【質問】
自分が加害者になる時は、
自分の自由意志でそれを行ったのでしょうか。

【回答】
殺人や泥棒やいじめや不正など、加害というアクションを起こすのは、
エゴイズムを克服できない自分の自由意志によります。

だからこそ、その自由意志の責任をとることになるのです。
誰でも自分がまいた種は自分で刈り取ることになります。

加害という種は、被害という果実になり戻るのです。
その反対に誰かのために愛と真心を尽くして幸せにすれば、
自分にも幸せな出来事が戻ってくるのです。


【質問】
自分が加害者の時の被害者は因果応報ですか?
それともただ単に加害者の自由意志なだけですか?

【回答】
自分が加害者の時の被害者は、その人の過去からの
因果応報をそこで受けたということです。
だから、因果の成立しない加害はできません。

たとえば、あなたが、誰かを殺そうとしたと
します。その誰かに殺されるだけの因がないなら、
あなたにはその人をどうやっても殺せません。

殺人事件などの凶悪事件でも殺される人もいれば
たまたま助かる人、ぎりぎりのところで命を救われる人がいます。

そういうニュースをみてもわかるように、
自分に殺害されるような前世の因果がない場合、
神仏の加護により必ず、救われるのです。
posted by 久保征章 at 20:13| 前世療法