2018年12月30日

催眠療法(医師によるヒプノセラピー)

現在、私は前世療法をヒプノセラピーのメインに据えています。
催眠療法というと、ちょっと怖い、
不安だと言う患者さんが結構たくさんいらっしゃいます。


同じ受けるなら、体のこと病気のことを熟知したお医者さんに
施療してもらいたいという希望が意外に多いのです。
ここに私の果たすべき役割と使命があるのではないか。
そう思いつつ、今日までやってきました。


★┓1・メンタルセラピーとしての催眠
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

心療内科や精神科に通院する人が激増しています。パニック発作や、
うつ状態、不安神経症などの患者さんが最近、増えています。

社会的なストレスや家庭問題、恋愛などの人間関係がきっかけになって、
心理的なストレスが身体症状となってあらわれる人にとって、
心療内科や精神科への通院が唯一の方法と思われているようです。

しかし、多くの病院・医院では、抗うつ剤や精神安定剤といった薬物治療を行います。
薬の力を借りて、症状を抑えていくという考え方です。

症状が強い時にはそれもやむをえません。
しかし、病気を本質的に癒すためには、「心の自然治癒力」を回復させる必要があります。

これがメンタルセラピー(心理療法)です。
ヒプノセラピー(催眠療法)は、心理療法の一つです。


★┓2・トラウマを解除できる秘密
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

催眠療法の中でも、前世療法やインナーチャイルドセラピーは、
過去の記憶をたどって問題の発生の原因を探り、トラウマを解除するための認識の修正を行います。

トラウマというのは事実に対する本人の思い込みが大きな原因になっています。
この思い込みを、解除することがトラウマが癒されるためには必要です。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村
タグ:催眠療法
posted by 久保征章 at 17:02| 催眠療法

2011年01月11日

催眠療法家の技量

私のところにセラピーにこられる方の中には、
よその施設で何度か、ヒプノセラピーを受けた方も
いらっしゃいます。


以前に受けてきたセラピーの内容を
詳しくきいてみると、どうも「?」と
いうようなケースをしばしば耳にします。


20回近くセラピーしながら、一度も問題解決
の核心部分にせまれないセラピスト。
ヒプノセラピーといいながら、カウンセリングしか
しないセラピスト、などもいます。


そして、例外なくそういったセラピストは
医師ではありません。看護師でもありません。
普通の会社員だった人が何かのきっかけで
二日ほどの講習会にいき、


全米催眠療法協会認定ヒプノセラピストの資格を
五万円そこそこで取得。
そして、ヒプノセラピストを名乗って開業している、
こんなケースは実に多いのです。


私は、催眠療法だけは、医師およびそれに準じる医療従事資格者
から受けるようにと、再三、メルマガや著書で
読者に訴えてきました。


それはこんな話を耳にするたびに受けたお客様が
かわいそうだと思うからです。
同じお金をかけて、時間をかけて、
ヒプノセラピーを受けるのに、


これほどピンからキリまでのレベルの差がある。
それもこれも催眠療法士という国家資格が存在しない
からなのです。


誰でも名乗れる資格、それが催眠療法士なのです。
法律の規制も何も受けていない。
野放しの分野です。


催眠状態とは、時に危険も伴います。
それを管理し、安全に対処できるには、
医療従事の経験が不可欠です。


くれぐれも、医療従事経験者、
医師から催眠療法、前世療法は受けましょう。


ワイス博士は『前世療法2』(PHP)で
「前世療法は医師から受けたほうがよい」
と明記しています。
posted by 久保征章 at 05:16| 催眠療法

2009年12月06日

生きている人間の発する想念

∞∞∞★ 目次 ★∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

1・生きている人間の発する想念
2・恨みを解除できる秘密



★┓1・生きている人間の発する想念
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヒプノセラピーでは、医療催眠として主に、メンタルの不調を癒すのですが、
人間の心の世界を深く追求すると、不可思議な現象に遭遇することも多々あります。

その中でも最も興味深く、また問題視すべき存在があります。
それが、生きている人間の発する想念が、他人に影響を与えているという事実です。

誰しも、自分を自分でコントロールしていると信じているし、自分の主は自分であると思い込んでいます。

しかし、潜在意識にアプローチする催眠療法では、時に思いもしない他者の意識体が、本人の内的世界の中に入り込んでいるのを経験することがあります。

スピリチュアル的な表現をすれば、「生霊(いきりょう)」と言うことになります。
能楽などに関心がある人であれば、謡曲のテーマでしばしば取り扱っているのでご存知かと思います。

恋愛や人間関係の葛藤などで、誰かに深く恨まれたりしたことはありませんか?
たとえ、それが相手の方が圧倒的に悪いケースであっても、相手が恨んでいる場合は、その意識エネルギーがあなたの精神体にまで飛んできていることが十分にありえます。


★┓2・恨みを解除できる秘密
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

催眠療法の中で、前世療法やインナーチャイルドセラピーをしている時に、こうした他者の意識体が突然、出現することがあります。

こうなると、先にそれを処理しなければ、本来のセラピーへ進めません。
というよりも、このような場合は、こっちがメインの問題点だったりします。

これを解除するにはいくつかのテクニックがあります。ヒプノセラピーでは高度な技術に分類されるかと思います。


「生きている他者のエネルギー」の解除の方法は、私の製作した教材「家庭でできるヒプノセラピー」の中に項目を設けて、解説してあります。

興味のある方は、ぜひ、教材をお役立て下さい。
詳しくは⇒家庭でできるヒプノセラピー
posted by 久保征章 at 20:02| 催眠療法